愛人契約

私が、愛人契約を結んだきっかけは、もともと裕福だった、私の実家が事業に失敗し借金の返済に追われたことです。選択肢はなく、きれいごとでは生きていけない時もあります。始めから愛人契約を結ぼうと思って生きている人は少ないでしょう。なんらかの事情で、結局たどり着いたのが、愛人業だった。という人が意外と多いのではないでしょうか。

世間的に白い目で見られることもわかっていますし、自信をもって言えることでないこともわかっています。でもその時の私には、愛人契約を結ぶしか方法がなかったのです。今は便利な時代ですから、出会い系サイトですぐ、見つけることもできます。

出会い系サイトで、こちらが提示した条件をのんでくれる人を探すことにしました。借金を返すため、強気でいくしかありませんでした。足元を見られたくなかったのです。たくさんの人と会い1人だけ、家の事情なども、理解してくれ、条件をのんでくれる人に出会えました。
愛人 女子大生

正直、こちらが提示した条件が破格の金額だったため、諦めかけていたのですが、言ってみるものです。それから愛人契約を結び、実家の借金を返すため、彼の理想の女性になれるように努力する日々が続きました。でも、彼はいつも優しく、年齢的には父親よりの年上ですが、気がつけば好きになっていました。それが、情なのかどうかはわかりませんが、彼と会えるのが楽しみになっていったのです。

借金も彼のおかげで、返済し、今は自分のやりたいことを見つけようと思っています。
お金ほしい
愛人契約

error: Content is protected !!